製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

パレート図の活用法と効果: 調達購買部門における問題解決と業務改善の指標

パレート図の活用法と効果: 調達購買部門における問題解決と業務改善の指標

パレート図の基本と概要

パレート図は、経営学者ビルフレード・パレートによって提唱されたパレート原則に基づく分析手法です。
パレート原則は、一般には「80対20の法則」として知られており、問題の80%が少数の20%の原因によって引き起こされるという考え方です。
この原則を視覚化するためのツールがパレート図であり、問題の優先順位を明確にするために使われます。

パレート図は一般に棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた形式で表現されます。
縦軸には問題の頻度や影響度、横軸には原因や項目名を記載します。
棒グラフは項目ごとのデータを示し、折れ線グラフは累積和を表します。
したがって、どの問題が主要な原因であるか一目で理解できるのが特徴です。

調達購買部門におけるパレート図の活用法

調達購買部門は、企業の供給チェーンが効率的かつ効果的に機能するための重要な役割を果たしています。
この部門では、多数のサプライヤーから多様な製品やサービスを調達するため、その過程でさまざまな問題が生じがちです。
パレート図を使えば、これらの問題を可視化し、どの問題を優先的に解決すべきかを明確にできます。

例えば、不良品の発生原因を分析する場合、サプライヤーごとに発生する不良品の数を棒グラフで示し、その累積を追うことで、主要な不良品の供給元を特定することができます。
こうしたデータを基に、特定のサプライヤーとの交渉や改善要求を効果的に行うことが可能です。

パレート図の作成手順

1. データ収集: 問題やクレーム、不良品の種類など、分析対象となるデータを収集します。
2. 項目の分類: 収集したデータを項目ごとに分類し、それぞれの数値を計算します。
3. データ整列: 項目を頻度や影響度の降順で整列させます。
4. 棒グラフ作成: 項目ごとのデータを棒グラフとして描きます。
5. 累積和の計算: 項目別のデータの累積和を計算し、折れ線グラフとして描きます。
6. パレート図の完成: 棒グラフと折れ線グラフを1つにまとめ、パレート図を完成させます。

パレート図のメリット

パレート図には以下のようなメリットがあります:

問題の優先順位付けが容易

データを視覚的に表現することで、どの問題が最も大きな影響を及ぼしているかを一目で確認できます。
これにより、限られたリソースを効果的に配分することが可能です。

効果的な意思決定

具体的なデータに基づくため、感情や直感ではなく、事実に基づいた意思決定を行うことができます。
これは、経営層や他の部門とのコミュニケーションを円滑にし、合意形成を容易にします。

業務改善と効率化

主要な問題点を特定できるため、その改善策を迅速に実行することができます。
結果として、調達購買業務の効率化やコスト削減に大いに寄与します。

最新の技術動向とパレート図の応用

最近のデジタル技術の進展により、パレート図の作成と活用もより高度かつ効率的になっています。

BIツールの活用

ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを使用することで、データ収集からパレート図の作成まで自動化することができます。
これにより、リアルタイムで業績をモニタリングし、迅速に問題解決策を講じることが可能です。

AIと機械学習

人工知能(AI)や機械学習を活用することで、過去のデータをもとに今後発生する可能性のある問題を予測することができます。
例えば、サプライチェーン全体のデータを解析し、将来的にどのサプライヤーが問題を引き起こす可能性が高いかを予測することができます。

IoT技術の利用

IoT(Internet of Things)技術を使い、リアルタイムで機器や設備の状態をモニタリングすることで、問題の早期発見が可能になります。
これにより、データを収集してパレート図を作成し、迅速に対策を講じることができます。

具体的な成功事例

パレート図を活用することで成功した具体的な事例を紹介します。

部品調達の最適化

ある自動車メーカーでは、部品調達における不良品の発生率が高かったため、パレート図を使って問題の主要な原因を特定しました。
その結果、特定のサプライヤーが問題の80%を占めていることが明らかになりました。
この情報を元に、そのサプライヤーと協力して品質管理を強化し、不良品率を大幅に低減させることができました。

在庫管理の改善

別の食品メーカーでは、在庫の過剰と欠品が頻発していたため、パレート図を使って在庫管理の問題を分析しました。
どの製品が最も多くの在庫過剰や欠品を引き起こしているかを特定し、その製品に対する発注プロセスを見直しました。
その結果、在庫コストを削減し、供給の安定性を向上させることができました。

 

パレート図は、問題の本質を見極め、効率的かつ効果的に解決策を講じるための強力なツールです。
特に調達購買部門においては、その効果は絶大であり、リソースの最適化や業務の効率化に大いに寄与します。
また、最近のデジタル技術の進展により、パレート図の活用はさらに高度なレベルで実現可能となっています。

企業が継続的に成長し、競争力を維持するためには、このような分析ツールを活用し、データに基づく意思決定を行うことが不可欠です。
これからもパレート図を有効に活用し、問題解決と業務改善を推進していきましょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)