製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業におけるバレル処理のメリットと実施手順

製造業におけるバレル処理のメリットと実施手順

バレル処理とは

バレル処理は、部品や製品の表面を研磨・清浄するために用いられる機械加工技術です。
特に製造業においては、製品の仕上げ工程として非常に重要な役割を果たします。
バレル処理によって、製品の表面が滑らかになり、外観の美しさや機能性も向上します。

バレル処理のメリット

1. 生産効率の向上

バレル処理は、一度に多くの部品を一括して処理することが可能です。
そのため、手作業での研磨や清浄処理と比べ、短時間で大量の部品を効率的に処理することができます。

2. 品質の均一化

バレル処理では、部品が互いにぶつかりながら研磨されるため、表面の仕上げが均一になります。
このため、品質のばらつきが少なく、一定の品質を持つ製品を提供することが可能です。

3. コスト削減

人手による研磨作業は時間と労力を要し、その結果コストが増大します。
一方、バレル処理を導入することで、自動化により人件費の削減が可能となり、全体的なコストを抑えることができます。

4. 多様な材質対応

バレル処理は、金属、プラスチック、ゴム、セラミックなど、さまざまな材質に対応しています。
これにより、多様な製品や部品に対して同一の処理方法を適用することができ、製造プロセスの一貫性が保たれます。

バレル処理の実施手順

1. 部品の選定と準備

まず、バレル処理を行う部品を選定します。
部品の汚れやさびを予め取り除くことで、処理効果を最大限に引き出すことができます。

2. バレル装置の準備

次に、バレル装置を準備します。
バレル処理には、湿式バレルと乾式バレルの2種類があり、処理する部品や目的に応じて適切な装置を選択します。
また、適切なメディア(研磨材)も準備します。

3. バレル内への部品投入

バレル装置に部品とメディアを投入します。この際、処理する部品の量が適切であることを確認します。
部品が多すぎると、メディア不足により均一な仕上げが得られませんし、少なすぎると効率が低下します。

4. 処理時間の設定

処理時間を設定します。処理時間は、使用するメディアや部品の材質、希望する仕上げの状態によって異なります。
試行錯誤しながら最適な時間を見つけることが重要です。

5. バレル処理の開始

装置のスイッチを入れ、バレル処理を開始します。
この際、装置が正しく動作しているか、異常がないかを確認しながら進行します。

6. 処理後の部品洗浄

処理が完了したら、部品をバレル装置から取り出します。
部品にはメディアや処理液が付着しているため、洗浄を行います。洗浄には水洗いや専用の洗浄液を使用します。

7. 部品の乾燥と検査

洗浄後、部品を乾燥させます。十分に乾燥させることで、次の工程での問題を防止します。
その後、部品の表面状態や仕上がりを確認し、不備がないか検査します。

事例紹介

ある自動車部品メーカーでは、エンジン部品の表面仕上げにバレル処理を導入しました。
以前は手作業での研磨を行っていましたが、バレル処理を導入することで生産効率が飛躍的に向上しました。
また、表面仕上げの均一性が確保され、製品の品質も向上しました。結果として、コスト削減にも成功し、競争力を大幅に強化することができました。

 

バレル処理は、製造業における表面仕上げや清浄処理において非常に有効な技術です。
そのメリットとして、生産効率の向上、品質の均一化、コスト削減、多様な材質対応などがあります。
実施手順を正しく理解し、適切に行うことで、製造プロセス全体の効率化と品質向上が期待できます。
今後もバレル処理の技術は進化し続け、製造業における重要な役割を果たすことでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)