製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造業での亜鉛めっきの利点と実践手法

製造業での亜鉛めっきの利点と実践手法

亜鉛めっきの利点

製造業における亜鉛めっきの利点は多岐にわたります。
まず、亜鉛めっきは鉄や鋼材の腐食を防ぐ効果が高いです。
亜鉛は鉄よりもイオン化傾向が高いため、犠牲防食作用により鉄の腐食を防ぐことができます。
これにより、製品の耐久性が向上し、長期間の使用に耐えることができます。

また、亜鉛めっきは塗装の密着性を高める効果もあります。
亜鉛めっき層の上に塗装を施すことで、塗膜の密着性が向上し、塗装の剥がれや劣化を防ぐことができます。
これにより、製品の美観を長期間維持することが可能です。

さらに、亜鉛めっきは電気的な特性にも優れています。
亜鉛は電気伝導性が高いため、電気機器や通信機器の部品に適しています。
亜鉛めっきを施すことで、電気的な性能を安定させ、機器の信頼性を高めることができます。

亜鉛めっきの実践手法

亜鉛めっきの実践手法には、主に溶融亜鉛めっきと電気亜鉛めっきがあります。

溶融亜鉛めっきは、鉄や鋼材を溶融した亜鉛に浸漬する方法です。
この方法では、めっき層が厚くなるため、高い防食効果が得られます。
また、複雑な形状の製品にも均一にめっきを施すことができます。
ただし、高温の溶融亜鉛を扱うため、作業環境や安全面に注意が必要です。

電気亜鉛めっきは、電気分解を利用してめっきを行う方法です。
この方法では、めっき層の厚さを精密に制御できるため、薄めのめっきが必要な場合に適しています。
また、溶融亜鉛めっきに比べて、作業環境が安全で、コストも低く抑えられます。
ただし、複雑な形状の製品には均一にめっきを施しにくいという欠点があります。

事例紹介

自動車業界では、車体の防錆に亜鉛めっきが広く使用されています。
溶融亜鉛めっきを施すことで、車体の腐食を長期間防ぎ、車の耐久性を高めています。
また、亜鉛めっき層の上に塗装を施すことで、美しい外観を長期間維持することができます。

建築業界では、鉄骨構造物の防錆に溶融亜鉛めっきが用いられています。
鉄骨を溶融亜鉛めっきすることで、建築物の長期的な耐久性を確保し、メンテナンスコストを削減することができます。

電気業界では、電気部品や通信機器の部品に電気亜鉛めっきが使用されています。
精密な厚さ制御が可能な電気亜鉛めっきにより、部品の電気的性能を安定させ、機器の信頼性を高めています。

以上のように、亜鉛めっきは製造業のさまざまな分野で活用され、製品の品質と耐久性の向上に貢献しています。
適切な亜鉛めっきの手法を選択し、品質管理を徹底することで、製品の価値を高め、企業の競争力を強化することができるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)