製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

エネルギー効率改善戦略!製造業におけるコスト削減と環境負荷低減

エネルギー効率改善戦略!製造業におけるコスト削減と環境負荷低減

製造業におけるエネルギー効率改善は、コスト削減と環境負荷低減につながる重要な戦略です。この記事では、エネルギー効率改善のポイントと具体的な取り組みについて解説します。

まず、エネルギー効率改善のポイントとして、以下の3つの視点を重要視する必要があります。

 

1. エネルギーの種類と使用方法の見直し

製造プロセスで使用するエネルギーの種類と使用方法を見直すことで、効率的なエネルギー利用が可能となります。例えば、省エネ型の機械や設備の導入、エネルギー消費のピーク時の制御、再生可能エネルギーの活用などが挙げられます。

 

2. プロセスの最適化

製造プロセス全体を見直し、ムダや無駄なエネルギー使用を削減する取り組みが重要です。生産ラインのレイアウト改善や工程の見直し、操業計画の最適化などを行うことで、効率的なエネルギー使用を実現します。

 

3. 従業員の教育と意識改革

エネルギー効率改善には、従業員の意識と協力が欠かせません。従業員に対して環境への意識を高める研修や教育を行うことで、エネルギーの無駄遣いを減らし、省エネの習慣を身につけることができます。

 

具体的な取り組みとしては、以下のようなものがあります。

 

1. LED照明への切り替え:省エネ効果の高いLED照明への切り替えは、照明にかかるエネルギーコストを削減するため効果的です。

2. 機械の定期メンテナンス:機械や設備の定期メンテナンスを行うことで、効率的な動作を維持し、エネルギー消費を抑えることができます。

3. 再生可能エネルギーの活用:ソーラーパネルや風力発電などの再生可能エネルギーの導入により、資源の節約やCO2排出の削減が可能となります。

4. エネルギーモニタリングシステムの導入:エネルギー使用状況をリアルタイムでモニタリングするシステムを導入することで、ムダなエネルギー使用を把握し改善することができます。

5. 従業員の教育と意識改革:従業員に対して省エネの意識を高める研修や教育を実施し、エネルギー使用の最適化に向けた取り組みを促進します。

 

エネルギー効率改善の取り組みにより、製造業はコスト削減と環境負荷低減を同時に実現することが可能です。企業の持続的な成長と社会貢献を両立させるためにも、エネルギー効率改善戦略の実施を積極的に推進しましょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

VR工場視察

18,000km離れた世界の工場視察を最短5分で可能にしました。
世界の工場視察、海外出張がオンラインにかわる時代です。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)