製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

調達購買部門のグローバルガバナンス:方針・基準の統一と現地法規制への対応

調達購買部門のグローバルガバナンス:方針・基準の統一と現地法規制への対応

調達購買部門のグローバルガバナンスとは

調達購買部門のグローバルガバナンスは、企業が多国籍で事業を展開する際に必要となる方針や基準の統一、および現地法規制への対応を指します。
グローバル化が進む中で、多くの企業は異なる国や地域で調達活動を行っています。
そのため、一定のガイドラインや規制に従うことで、品質の安定や法規制への適応、価格競争力の維持が求められます。

方針と基準の統一がもたらすメリット

品質の一貫性と向上

調達購買部門で統一された方針と基準を設定することにより、各地域で調達される部品や材料の品質を一貫して管理することができます。
品質基準が統一されることで、製品の品質向上が期待できます。

コスト効率の向上

統一された方針や基準を基に各地域の調達活動を行うことで、スケールメリットによるコスト削減が可能になります。
複数のベンダーとの契約を一元化することで、交渉力を強化し、より有利な条件での調達が実現できます。

リスク管理の強化

グローバルに展開する企業では、リスク管理が非常に重要です。
統一された方針と基準により、各地で発生するリスクを迅速かつ効率的に把握し、対策を講じることができます。

現地法規制への対応の重要性

各国にはそれぞれ異なる法規制や商習慣が存在し、これに対応することは企業にとって大きな課題です。
現地法規制への対応が不十分であれば、罰金や事業停止のリスクが高まります。

現地法規制の調査と理解

まず、現地法規制の詳細な調査と理解が重要です。
各国の法規制や業界標準を把握し、それに基づいた調達活動を行う必要があります。
また、法改正の情報を絶えず収集し、最新の規制に適応することも求められます。

現地パートナーとの連携

現地の法規制に対応するためには、現地パートナーとの連携が不可欠です。
現地の法律事務所やコンサルタントと協力し、現地の法規制に詳しい専門家のサポートを得ることが重要です。

コンプライアンス体制の強化

企業内部でのコンプライアンス体制を強化することも必要です。
全従業員への教育やトレーニングを行い、法規制を遵守する文化を醸成します。
また、内部監査や第三者監査を定期的に実施し、法規制遵守状況を確認することが重要です。

最新技術を活用した調達購買管理

デジタルツールの活用

最新のデジタルツールやソフトウェアを活用することで、調達購買部門の効率を大幅に向上させることが可能です。
例えば、サプライチェーン管理システムを導入することで、各地の供給状況や在庫状況をリアルタイムで把握することができます。
これにより、需要予測の精度が向上し、過剰在庫や欠品のリスクを減少させることができます。

ブロックチェーン技術の導入

ブロックチェーン技術を活用することで、調達プロセスの透明性と信頼性を向上させることができます。
例えば、サプライチェーン上の各取引をブロックチェーンに記録することで、各ステップの情報が改ざんされることなく共有されます。
これにより、不正行為の抑制やトレーサビリティの向上が期待できます。

人工知能と機械学習の活用

人工知能(AI)や機械学習の技術を活用することで、調達の最適化を図ることができます。
例えば、AIを用いた需要予測やベンダー評価の自動化により、迅速かつ精度の高い意思決定を支援することができます。
また、機械学習によるデータ分析により、調達プロセスの中で潜在的な問題点を発見し、改善策を講じることが可能となります。

成功事例から学ぶ

調達購買部門のグローバルガバナンスを効果的に運営するためには、成功事例から学ぶことが重要です。
以下に、いくつかの成功事例をご紹介します。

事例1:ある自動車メーカーのサプライチェーン管理

ある大手自動車メーカーは、グローバルなサプライチェーン管理を強化するために、統一された調達方針と基準を策定しました。
また、最新のデジタルツールを導入し、リアルタイムで在庫状況や供給状況を把握するシステムを構築しました。
これにより、サプライチェーン全体の効率向上とリスク管理の強化が実現しました。

事例2:ハイテク企業の現地法規制対応

あるハイテク企業は、現地法規制に対応するために、現地の法律事務所と連携し、各国の法規制情報を常に収集する体制を構築しました。
また、全従業員に対するコンプライアンス教育を強化し、法規制遵守の文化を醸成しました。
これにより、罰金や事業停止のリスクを大幅に低減することができました。

今後の展望と課題

調達購買部門のグローバルガバナンスは、今後ますます重要性を増していくと考えられます。
しかし、その一方で、新たな課題も生じることが予想されます。

サプライチェーンの複雑化

グローバルな調達活動が進む中で、サプライチェーンはますます複雑化しています。
より多くのステークホルダーが関与することで、調達プロセスが複雑化し、管理が難しくなる可能性があります。

技術の進化と適応

新しい技術が次々と登場することで、これらの技術を効果的に活用し、適応することが求められます。
例えば、AIやブロックチェーン技術の進化に伴い、それらを調達購買プロセスにどのように組み込むかが課題となります。

サステナビリティの確保

環境保護や社会的責任の観点から、サステナビリティの確保が求められるようになります。
各地の調達活動において、環境負荷を最小限に抑え、持続可能な材料の調達を行うことが重要です。

 

調達購買部門のグローバルガバナンスは、企業が多国籍で事業を展開する際に必要不可欠な要素です。
方針と基準の統一、現地法規制への対応、最新技術の活用などを通じて、調達活動の効率化とリスク管理を徹底することが求められます。
企業は、成功事例を参考にしながら、持続的な成長を目指すことが重要です。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)