製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)の製造業での活用

FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)の製造業での活用

FMEAとは

FMEA(Failure Mode and Effect Analysis)は、製品や工程の潜在的な故障モードを特定し、その影響を評価する体系的な手法です。
製造業において、FMEAは品質管理および品質保証の重要なツールとして広く活用されています。
FMEAを適切に実施することで、製品の信頼性向上、コスト削減、顧客満足度の向上などが期待できます。

製造業におけるFMEAの活用事例

自動車部品メーカーA社では、新製品開発プロセスにFMEAを導入しました。
設計段階で潜在的な故障モードを特定し、その影響を評価することで、設計変更や予防措置を講じることができました。
その結果、開発期間の短縮と、市場での不具合発生率の大幅な減少を実現しました。

電子機器メーカーB社では、生産工程のFMEAを実施し、工程の潜在的なリスクを特定しました。
特に、はんだ付け工程において、温度管理の重要性が明らかになりました。
温度管理を徹底することで、はんだ付け不良による製品不具合を大幅に削減することができました。

FMEAの実施手順

FMEAの実施手順は以下の通りです。

1. 対象となる製品や工程を明確にする。
2. 潜在的な故障モードを特定する。
3. 各故障モードの影響を評価する。
4. 各故障モードの発生原因を特定する。
5. 各故障モードの検出方法を明らかにする。
6. 故障モードの重要度を評価する(重要度 = 影響度 × 発生度 × 検出難易度)。
7. 重要度の高い故障モードに対する改善策を立案する。
8. 改善策を実施し、その効果を評価する。

FMEAの課題と対策

FMEAを効果的に活用するためには、以下の課題に対処する必要があります。

– FMEAの実施に時間がかかる:テンプレートの活用や、専門家の知見を活用することで、効率的にFMEAを実施できます。
– FMEAの結果が形骸化する:定期的にFMEAを見直し、最新の状況に即した分析を行うことが重要です。
– FMEAの実施が表面的になる:FMEAの目的を理解し、実効性のある分析を行うことが求められます。

まとめ

FMEAは、製造業における品質管理および品質保証の強力なツールです。
潜在的な故障モードを特定し、その影響を評価することで、製品の信頼性向上、コスト削減、顧客満足度の向上などが期待できます。
FMEAを効果的に活用するためには、適切な実施手順を踏襲し、課題に対処することが重要です。
製造業におけるFMEAの活用は、今後ますます重要性が高まると考えられます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)