製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

グローバル調達における現地化戦略:サプライヤー開拓とローカライゼーションのポイント

グローバル調達における現地化戦略:サプライヤー開拓とローカライゼーションのポイント

グローバル化が進む中、製造業においても海外での調達や生産が増えています。
しかし、単に海外のサプライヤーを利用するだけでは、コスト面や品質面でのリスクが伴います。
そこで重要となるのが、現地化戦略です。
現地化戦略とは、現地のサプライヤーを開拓し、その国や地域に適した調達方法を確立することです。
ここでは、グローバル調達における現地化戦略の具体的な進め方とポイントについて解説します。

現地化戦略の必要性

グローバル調達を行う上で、現地化戦略が必要な理由は大きく分けて3つあります。

1. コストの削減
海外のサプライヤーを利用する場合、輸送コストや関税などのコストがかかります。
現地のサプライヤーを開拓することで、これらのコストを削減できます。

2. リードタイムの短縮
海外からの調達では、輸送に時間がかかるため、リードタイムが長くなりがちです。
現地のサプライヤーを利用することで、リードタイムを短縮できます。

3. リスクの分散
特定の国や地域に依存した調達では、政情不安や自然災害などのリスクが高くなります。
現地化戦略により、調達先を分散させることでリスクを軽減できます。

現地化戦略の進め方

では、具体的に現地化戦略をどのように進めていけばよいでしょうか。
ここでは、4つのステップを紹介します。

Step1: 現地のサプライヤー情報を収集する

まずは、現地のサプライヤー情報を収集することから始めます。
現地の商工会議所や業界団体、日本貿易振興機構(JETRO)などを活用して、サプライヤーリストを入手します。
また、現地の展示会や商談会に参加することも有効です。

Step2: サプライヤーを評価・選定する

次に、収集したサプライヤー情報をもとに、評価・選定を行います。
品質、コスト、納期、技術力などの観点から、自社の要求に合うサプライヤーを選び出します。
その際、現地の文化や商習慣も考慮に入れる必要があります。

Step3: サプライヤーとの関係構築を図る

サプライヤーが決まったら、実際に訪問して、face to faceでコミュニケーションを取ることが重要です。
単なる発注者と受注者の関係ではなく、パートナーとしての関係を築くことを心がけましょう。
また、現地の言葉を学ぶ努力も必要です。

Step4: 継続的な改善を行う

サプライヤーとの取引が軌道に乗ったら、継続的な改善を行います。
定期的に現地を訪問し、品質や納期の状況を確認します。
問題があれば、サプライヤーと一緒に改善策を探ります。
必要に応じて、サプライヤーの教育・指導も行います。

ローカライゼーションのポイント

現地化戦略を進める上で、もう一つ重要なのがローカライゼーションです。
ローカライゼーションとは、製品やサービスを現地の文化や市場に適合させることです。
グローバル調達においても、ローカライゼーションの視点が欠かせません。

現地の規格・規制への対応

製品を現地で生産・販売する際は、その国の規格や規制に適合させる必要があります。
電気用品であれば、電圧や周波数、安全規格などが日本と異なる場合があります。
食品であれば、原材料や添加物、表示方法などが異なります。
これらの規格・規制を事前に調査し、適切に対応することが求められます。

現地のニーズや嗜好の把握

製品を現地で売るためには、現地のニーズや嗜好を把握することが重要です。
日本で売れている製品がそのまま売れるとは限りません。
現地の人々の生活スタイルや価値観、趣味・嗜好などを理解し、それに合わせた製品開発が必要です。
現地の市場調査を行い、販売データを分析することが有効でしょう。

現地の文化・慣習の理解

ビジネスを行う上で、現地の文化・慣習の理解も欠かせません。
挨拶の仕方、名刺交換の方法、商談の進め方など、日本とは異なる習慣があります。
また、宗教や年中行事なども考慮する必要があります。
現地のスタッフと良好なコミュニケーションを取り、文化・慣習を学ぶ姿勢が大切です。

最新の技術動向

グローバル調達においては、最新の技術動向にも注目が必要です。
特に、デジタル技術の進歩が目覚ましい昨今、デジタルツールを活用することで、調達業務の効率化や高度化が図れます。

RPA(Robotic Process Automation)

RPAは、ロボットを使って単純作業を自動化する技術です。
見積依頼、発注、納期管理などの定型的な調達業務にRPAを適用することで、業務の効率化と迅速化が期待できます。
また、人的ミスの防止にもつながります。

AI(人工知能)

AIを活用することで、サプライヤーの選定や評価、需要予測などの高度な分析が可能になります。
大量のデータから最適なサプライヤーを見つけ出したり、将来の需要を予測して適切な在庫管理を行ったりといった応用が考えられます。

IoT(Internet of Things)

IoTは、モノをインターネットに接続し、データを収集・分析する技術です。
サプライヤーの工場にIoTを導入することで、設備の稼働状況や製品の品質、在庫状況などをリアルタイムで把握できます。
その情報を元に、最適な発注や在庫管理を行うことが可能となります。

 

グローバル調達における現地化戦略は、コスト削減、リードタイム短縮、リスク分散などのメリットがあります。
現地のサプライヤーを開拓し、パートナーとしての関係を築くことが重要です。
また、

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)