製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

メキシコ大使館不法侵入でエクアドルと国交断絶 両国関係の行方は

メキシコ大使館不法侵入でエクアドルと国交断絶 両国関係の行方は

最近のニュースについて田中さんと山田さんが興味深い対話を行っています。
今回はその内容をご紹介いたします!

田中太郎:山田さん、今回のメキシコとエクアドルの国交断絶についてどう思いますか?メキシコ大使館への不法侵入は国際法違反ですよね。

山田美穂:そうですね、田中さん。エクアドル警察のメキシコ大使館への強行突入は明らかに国際法に反する行為だと思います。大使館は不可侵の場所とされているので、今回の行動は外交上のタブーを犯したと言えるでしょう。

田中太郎:そのとおりです。メキシコ政府がエクアドルとの国交を断絶したのは当然の措置だと思います。国際社会からの非難も避けられないでしょうね。

山田美穂:ただ、エクアドル警察の行動の背景には、ホルヘ・グラス元副大統領の汚職容疑に対する強い意志があったのかもしれません。法の下の平等を追求する姿勢は評価できる部分もあるのでは?

田中太郎:たしかにそういう見方もできますが、外交的な手続きを無視してまで強硬手段に出るのは賢明とは言えません。国際社会から孤立するリスクもありますからね。

山田美穂:その通りですね。エクアドルにとっては太平洋同盟加盟への道が閉ざされてしまったことも大きな痛手です。メキシコとのFTA交渉が頓挫していたところに、この国交断絶ですから。

田中太郎:メキシコとエクアドルの経済関係にも影響が出そうですね。両国間の貿易や投資が停滞してしまうかもしれません。外交関係の悪化が経済面にも波及するのは避けられないでしょう。

山田美穂:そうなんです。国交断絶によって、両国の企業活動にも支障が出るかもしれません。特にエクアドルの対メキシコ輸出産業などは打撃を受けそうですね。

田中太郎:メキシコ政府は国際司法裁判所への提訴も検討しているようですし、国連やCELACにも支援を求めるつもりのようです。外交的な解決に向けて動き出していますが、簡単には収束しなさそうな気がします。

山田美穂:ええ、当分は両国の関係改善は難しいでしょう。ニカラグアもエクアドルとの国交を断絶したことで、エクアドルの国際的な立場は一層厳しくなりました。外交的な孤立を避けるためにも、エクアドル政府は何らかの譲歩が必要かもしれませんね。

田中太郎:おっしゃる通りです。エクアドル政府としては、メキシコやニカラグアとの関係修復に向けて動き出す必要がありそうです。国際法の順守と外交手続きの尊重をアピールしながら、関係改善を模索していくことになるでしょう。

山田美穂:今後の両国の動向を注視していきたいですね。この問題が平和的に解決されることを願っています。外交関係の安定は、経済活動にとっても重要な基盤となりますから。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)