製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

調達購買部門のための自然言語処理(NLP)活用:契約書や見積書の自動分析

調達購買部門のための自然言語処理(NLP)活用:契約書や見積書の自動分析

調達購買部門は企業活動の中で極めて重要な役割を担っています。
納期管理、コスト削減、品質管理など、管理すべき業務は多岐にわたりますが、その中でも契約書や見積書などの文書管理は特に時間がかかるタスクの一つです。
このような背景から、自然言語処理(NLP)の技術が注目されています。自然言語処理は、契約書や見積書の自動分析に役立つツールとして期待されています。

自然言語処理(NLP)とは

NLPの基本概念

自然言語処理(NLP)とは、人間の言語をコンピュータで理解・解析・生成する技術です。
Google翻訳やSiri、Alexaなどで既に多くの人が日常的に利用していますが、企業のビジネスプロセスにおいても大いに役立つ可能性を秘めています。

製造業におけるNLPの活用

製造業において、NLPは品質管理、異常検知、自動化された顧客対応など様々な分野で応用されています。
特に、膨大なテキスト情報を含む契約書や見積書の解析には非常に有用です。NLPのアルゴリズムは、人間が読むのに時間がかかる文書を短時間で解析し、必要な情報を抽出できます。

契約書や見積書の自動分析にNLPを活用する理由

時間と労力の削減

契約書や見積書のレビューには、多くの時間と労力がかかります。
NLPを活用することで、これらのプロセスを自動化し、数分で解析結果を得ることが可能です。これにより、従業員がよりクリエイティブな作業に時間を割くことができます。

エラーの減少

人間が手作業で契約書や見積書を解析すると、見落としや誤解が発生する可能性が高くなります。
しかし、NLPを用いることで、文法的なミスや、特定の用語の誤りを自動的に検出することができ、エラーを大幅に減少させることができます。

迅速な意思決定

適切な情報を迅速に取得することは、ビジネスにおいて非常に重要です。
NLPを使用することで、契約書や見積書から必要なデータを迅速に抽出し、それに基づいて早急な意思決定を行うことが可能となります。

NLP技術の実装方法

テキストの準備とクレンジング

契約書や見積書のテキストを解析するためには、まず文書を電子化し、解析に適した形式にする必要があります。
具体的には、PDFやWordファイルをテキスト形式に変換し、不要な空白や特殊文字を削除するクレンジング作業が必要です。

トークン化とステミング

トークン化は文章を単語や句に分けるプロセスで、NLPの基本的な工程です。
ステミングやレンマタイゼーションは、異なる形態の単語を元の形に戻す作業で、これにより解析結果の精度が向上します。

キーワード抽出とエンティティ認識

契約書や見積書の解析において重要な情報を抽出するためには、キーワード抽出やエンティティ認識が有効です。
キーワード抽出は重要な単語やフレーズを特定し、エンティティ認識は人名、地名、日付などの特定の情報を識別します。

コンテキスト解析と関係抽出

NLP技術は単に単語を解析するだけでなく、文脈(コンテキスト)を理解することも可能です。
これにより、契約書や見積書の中での関係性を正確に理解し、より高度な解析を行うことができます。

NLP導入の具体例と効果

実際の企業での導入事例

ある大手製造業の場合、年間に何千件もの契約書と見積書を扱うため、一部のプロセスをNLPで自動化しました。
結果として、契約書や見積書のレビュー時間を50%以上短縮し、人的エラーも大幅に減少しました。

NLP導入のメリット

この事例からも分かるように、NLP導入により多くのメリットがあります。
時間の効率化、エラーの減少、迅速な意思決定が可能になり、業務全体の効率を飛躍的に向上させることができます。

導入の際の考慮点

データプライバシーとセキュリティ

契約書や見積書には機密情報が含まれるため、データプライバシーとセキュリティには特に注意が必要です。
適切なセキュリティ対策を講じ、データ保護のための技術を導入することが重要です。

初期コストとROI

NLPの導入は初期コストが高い場合がありますが、長期的な視点でROI(投資対効果)を考慮することが重要です。
初期投資を行うことで、将来的には大きなコスト削減効果を期待できます。

従業員のトレーニング

新しい技術を導入する際には、従業員へのトレーニングも欠かせません。
NLP技術の基本を理解し、実際の業務に適用するための教育プログラムを整備することが大切です。

 

自然言語処理(NLP)は、調達購買部門における契約書や見積書の解析において非常に有用な技術です。
時間の効率化、エラーの減少、迅速な意思決定が可能になるため、多くの企業で導入が進んでいます。
しかし、データプライバシーや初期コスト、従業員のトレーニングなど導入の際の考慮点も忘れてはなりません。
これらのポイントをクリアにすることで、NLPを最大限に活用し、業務効率を飛躍的に向上させることが可能になります。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)