製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

中小企業の購買管理最適化におけるビッグデータ活用の可能性

中小企業の購買管理最適化におけるビッグデータ活用の可能性

中小企業の購買管理における課題

中小企業の購買管理においては、大企業と比較して人的・資金的リソースが限られているため、効率的な運用が求められる。
しかし、現状では以下のような課題が存在する。
1. 需要予測の精度が低い
2. 在庫管理が適切でない
3. サプライヤーとの交渉力が弱い
4. 購買プロセスの標準化・自動化が進んでいない
これらの課題により、中小企業では購買コストの増大や生産計画の遅延などの問題が発生しやすい。

ビッグデータ活用の意義

近年、IoTやAIの発展に伴い、製造現場から膨大なデータが収集されるようになった。
このビッグデータを購買管理に活用することで、需要予測の精度向上や在庫最適化、サプライヤー選定の最適化などが可能になる。
具体的には、以下のようなメリットが期待できる。
1. 需要予測の精度向上による在庫削減と欠品防止
2. リアルタイムの在庫把握による適正在庫の維持
3. サプライヤーの評価・選定の最適化によるコスト削減と品質向上
4. 購買プロセスの自動化による業務効率化と人的ミスの防止
ビッグデータ活用により、中小企業でも大企業に匹敵する高度な購買管理の実現が可能になるのである。

需要予測へのビッグデータ活用

需要予測は、過去の販売実績データをもとに将来の需要を予測する手法である。
従来は、人手による分析が主流であったが、ビッグデータを活用することで、機械学習による高精度な需要予測が可能になる。
例えば、販売実績データに加え、天気や曜日、イベント情報などの外部データを組み合わせることで、需要への影響要因を多角的に分析できる。
また、リアルタイムデータを用いることで、日々変動する需要にも迅速に対応できる。
需要予測の精度向上は、在庫削減と欠品防止につながり、購買コストの最適化に大きく貢献する。

在庫管理へのビッグデータ活用

在庫管理は、需要と供給のバランスを取り、適正な在庫量を維持することが目的である。
ビッグデータを活用することで、リアルタイムの在庫把握が可能になり、過剰在庫や欠品のリスクを低減できる。
例えば、倉庫内の商品にセンサーを取り付け、在庫の位置や数量をリアルタイムで把握できる。
また、需要予測の結果と組み合わせることで、適正在庫量の算出や自動発注なども可能になる。
在庫管理の最適化は、キャッシュフローの改善や倉庫スペースの有効活用にもつながる。

サプライヤー管理へのビッグデータ活用

サプライヤー管理は、最適なサプライヤーを選定し、良好な関係を維持することが目的である。
ビッグデータを活用することで、サプライヤーの評価・選定を多角的かつ定量的に行うことができる。
例えば、納期遵守率や品質不良率、コストなどの実績データを分析することで、サプライヤーのパフォーマンスを客観的に評価できる。
また、サプライヤーの財務データやニュース情報なども分析に加えることで、サプライチェーンのリスク管理にも役立てられる。
サプライヤー管理の最適化は、購買コストの削減と品質の向上、安定調達の実現につながる。

購買プロセスの自動化

購買プロセスは、発注から検収までの一連の業務を指す。
従来は人手に頼る部分が多かったが、ビッグデータとAIを活用することで、プロセスの自動化が可能になる。
例えば、需要予測と在庫データをもとに最適な発注量を自動算出したり、受発注をEDIで自動化したりできる。
また、検収の自動化により、納品書と実物の照合作業を効率化できる。
購買プロセスの自動化は、業務効率の大幅な改善と人的ミスの防止につながる。

導入にあたっての留意点

ビッグデータ活用には、一定のIT投資と専門人材の確保が必要である。
中小企業では、リソースの制約からハードルが高く感じられるかもしれない。
しかし、クラウドサービスの利用や外部人材の活用など、中小企業でも取り組みやすい方法はある。
まずは、自社の課題を明確化し、データ活用の目的を定めることが重要である。
そのうえで、段階的に導入を進め、小さな成功体験を積み重ねていくことが望ましい。
ビッグデータ活用は、中小企業の購買管理を変革する大きな可能性を秘めている。

中小企業の購買管理では、需要予測の精度向上や在庫最適化、サプライヤー管理の高度化などが課題となっている。
ビッグデータ活用は、これらの課題解決に大きく貢献する。
需要予測の高精度化、リアルタイムの在庫把握、サプライヤーの定量評価、購買プロセスの自動化など、様々な側面での最適化が可能になる。
導入にあたっては、自社の課題を明確化し、段階的に取り組んでいくことが重要である。
ビッグデータ活用により、中小企業も大企業に匹敵する高度な購買管理を実現できる。
購買管理の最適化は、コスト削減や品質向上、業務効率化など、企業競争力の強化につながる。
中小企業経営者は、ビッグデータ活用の可能性を認識し、積極的な導入を検討すべきである。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)