製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

調達購買部門とエンジニアリング部門の協業:新製品開発における早期関与の重要性

調達購買部門とエンジニアリング部門の協業:新製品開発における早期関与の重要性

製造業において、新製品の開発は企業の成長と競争力維持に欠かせません。
しかし、開発プロセスにおいて、調達購買部門とエンジニアリング部門の協業が十分でないケースが見受けられます。
本記事では、新製品開発における両部門の早期関与の重要性と、その実現に向けたポイントについて解説します。

新製品開発におけるサプライチェーンマネジメントの重要性

新製品開発では、製品コンセプトの策定から設計、試作、量産立ち上げまで、多岐にわたるプロセスが存在します。
この一連のプロセスにおいて、サプライチェーンマネジメント(SCM)の視点を取り入れることが重要です。
SCMとは、原材料の調達から製品の生産、販売、アフターサービスまでの一連の流れを最適化するための手法です。
新製品開発にSCMの考え方を導入することで、開発リードタイムの短縮や、コスト削減、品質向上などの効果が期待できます。

調達購買部門の早期関与の必要性

新製品開発におけるSCMの実現には、調達購買部門の早期関与が不可欠です。
設計段階から調達購買部門が関与することで、以下のようなメリットがあります。

1. 最適な部材の選定:設計段階から調達購買部門が関与することで、コストや品質、納期などを考慮した最適な部材の選定が可能になります。

2. サプライヤーとの協業:早期段階からサプライヤーと協業することで、新技術や新材料の採用、コスト削減などを実現できます。

3. リスクマネジメント:部材の調達リスクを早期に特定し、対策を講じることができます。

エンジニアリング部門との協業のポイント

調達購買部門がエンジニアリング部門と効果的に協業するためには、以下のポイントが重要です。

1. 情報共有の促進:両部門間で情報共有を促進し、開発の進捗状況や課題を共有することが重要です。

2. 部門間の相互理解:両部門がお互いの役割や業務内容を理解し、respect し合うことが必要です。

3. 目標の共有:新製品開発の目標を両部門で共有し、一丸となって取り組む体制を構築します。

デジタル技術の活用

近年、AI、IoT、ビッグデータなどのデジタル技術が急速に発展しています。
これらの技術を新製品開発に活用することで、開発プロセスの効率化や最適化が可能になります。
例えば、AIを活用した需要予測や、IoTを活用した製造プロセスのモニタリングなどが挙げられます。
調達購買部門とエンジニアリング部門が協力して、これらのデジタル技術を積極的に取り入れていくことが重要です。

事例紹介

A社は、新製品開発において調達購買部門とエンジニアリング部門の協業を強化しました。
設計段階から調達購買部門が関与し、サプライヤーとの協業を進めた結果、開発リードタイムを30%短縮することに成功しました。
また、デジタル技術を活用したサプライチェーンの可視化により、部材の調達リスクを大幅に削減することができました。

B社は、調達購買部門とエンジニアリング部門の間で情報共有基盤を構築し、両部門の協業を促進しました。
その結果、新製品開発におけるコスト削減と品質向上を同時に実現することができました。

 

新製品開発において、調達購買部門とエンジニアリング部門の協業は非常に重要です。
両部門が早期段階から関与し、情報共有や目標の共有を進めることで、開発リードタイムの短縮やコスト削減、品質向上などの効果が期待できます。
また、デジタル技術を活用することで、開発プロセスの効率化や最適化が可能になります。
製造業の発展のためには、両部門の協業をさらに深化させていくことが求められます。

 

本記事では、新製品開発における調達購買部門とエンジニアリング部門の協業の重要性について解説しました。
両部門の早期関与と、デジタル技術の活用が、新製品開発の成功のカギを握っています。
製造業のプロフェッショナルとして、両部門の協業をリードしていくことが、私たちに課せられた使命だと考えます。
読者の皆様におかれましては、本記事の内容を参考に、両部門の協業強化に取り組んでいただければ幸いです。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)