製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

製造原価と販管費の棲み分けで利益分析を行う

製造原価と販管費の棲み分けで利益分析を行う

はじめに

製造業において、利益の分析は企業の成長と持続可能な経営に欠かせない要素です。
特に、製造原価と販売管理費(販管費)の棲み分けが適切に行われているかどうかは、利益分析の精度に大きく影響します。
今回は、製造原価と販管費の基本的な違いとその分類、さらにそれを基にした利益分析の方法について詳しく解説します。

製造原価と販管費の基本を理解する

製造原価とは

製造原価とは、製品を作り上げるために直接かかるコストの総額を指します。
これには、原材料費、労務費(直接工や間接工の賃金)、そして製造間接費が含まれます。
具体的には、以下の要素が含まれます。

原材料費:製品の製造に必要な原材料の費用。
労務費:直接工や間接工の給与や賃金。
製造間接費:工場の維持運営に関わる費用(光熱費や設備の減価償却費など)。

販管費とは

販管費(販売管理費)とは、製品の販売活動および企業の一般管理活動にかかる費用を指します。
これには、営業費用、管理部門の費用、および企業の運営に必要な費用が含まれます。
具体的には、次のような項目が挙げられます。

営業費用:広告費、販売促進費、販売員の人件費。
管理部門費用:総務、経理、人事部門の人件費やオフィスの維持費用。
その他経営費用:保険料、研究開発費、法務関連費用など。

製造原価と販管費の明確な棲み分けの必要性

製造原価と販管費の棲み分けが曖昧だと、利益分析が不正確になり、結果的に改善策や経営戦略が的外れとなる可能性があります。
明確な棲み分けを行うことで、各部門のコストの実態を正確に把握し、結果として効果的なコスト管理と利益最大化が可能となります。

棲み分けにおける注意点

製造原価と販管費を棲み分ける際には、いくつかの注意点があります。

正確なデータ収集

全てのコストを正確に分類するためには、現場からの正確なデータ収集が不可欠です。
特に、人件費や間接費用については、どの部門の活動に関連するかを明確にする必要があります。

共通費用の按分方法

間接的な費用、例えば工場の光熱費や管理部門の費用などをどのように製造原価と販管費に振り分けるかについて、適切な按分方法を設定することが重要です。
これは多くの場合、部門ごとの人件費や業務時間に基づいた按分方式を用います。

定期的な見直しと調整

製造原価と販管費の分類は一度決めたら終わりではなく、定期的に見直しと調整を実施することが求められます。
市場環境や社内状況の変化に対応するために柔軟な経営が必要です。

製造原価と販管費を活用した利益分析

利益の構造を把握する

製造原価と販管費を明確に区分した上で、それぞれの費用と売上の関係を分析することで、どの部分が利益に寄与しているのかを理解できます。
これにより、どのコストを削減すべきか、あるいはどの部門の効率を向上させるべきかが明確になります。

製造原価率と販管費率の分析

売上高に対する製造原価と販管費の比率を計算し、これを製造原価率、販管費率として、それぞれの変動を見ることで、コスト構造の変化を把握します。
例えば、製造原価率が高い場合は製造部門のコスト削減が求められ、逆に販管費率が高い場合は販売や管理部門の効率化が必要とされます。

部門別損益計算

製造原価と販管費を部門別に細かく分類し、それぞれの部門ごとに損益計算を行います。
これにより、どの部門が利益を生み出しているのか、どの部門が利益を圧迫しているのかを把握することができます。

最新技術とツールの活用

データ収集や分析には、最新の技術やツールの活用が重要です。
工場の自動化やIoT技術を活用したデータのリアルタイム収集、BIツールを用いたデータの可視化などが効果的です。

実践例: 製造原価と販管費の棲み分けによる利益改善

ある製造業の企業を例に、製造原価と販管費の棲み分けによる利益改善の具体的なステップを見てみましょう。

事例企業の背景

この企業は、電子部品の製造を行っており、製造コストの高さと販管費の増加が問題となっていました。
その結果、利益率が低下し、経営に支障をきたしていたのです。

棲み分けの実施

まず、製造原価と販管費の棲み分けを徹底しました。
詳細なコスト分類を行い、製造部門と販売管理部門のコストを明確に分離しました。

製造原価:原材料費、製造工の賃金、製造機械の減価償却費。
販管費:営業部門の人件費、広告宣伝費、事務所維持費。

データの収集と分析

次に、各部門の活動に基づいた正確なデータ収集を行い、製造原価率と販管費率を計算しました。
その結果、製造原価率が高いことが判明し、製造部門のコスト削減が必要であると分かりました。

改善策の実施

製造原価率の高い要因を分析した結果、原材料の無駄が多いことが判明しました。
これに対して、原材料の在庫管理システムの導入や、製造プロセスの改善を行いました。
また、販管費についても、広告宣伝の効果を細かく分析し、効率の良い広告メディアを選定することでコストを削減しました。

結果としての利益向上

これらの施策を実行した結果、製造原価率と販管費率が大幅に改善され、利益率が向上しました。
具体的には、製造原価率が10%、販管費率が5%減少し、全体の利益率が15%向上しました。

 

 

製造原価と販管費の棲み分けは、製造業における利益分析の基盤です。
正確なデータ収集と適切な分類を行い、コスト構造の変化を把握することで、効果的なコスト管理と利益改善が可能となります。
また、最新の技術やツールを活用することで、さらに精度の高い分析と効率的な改善が期待できます。
このように、製造原価と販管費の棲み分けを徹底することで、企業の持続可能な成長と発展を支援することができます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)