製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

リスク管理と回避 製造業におけるデジタルセキュリティの強化

リスク管理と回避 製造業におけるデジタルセキュリティの強化

製造業におけるデジタルセキュリティとは

製造業におけるデジタルセキュリティは、今後の発展に非常に重要な要因となります。世の中がIoT(Internet of Things)化し、さまざまな機器がネットワークに接続される時代に突入していますが、それは同時に新たな脅威も孕んでいます。企業データや個人情報が流出したり、システムがハッキングされたりする危険性が高まっています。

デジタルセキュリティの危険性

製造システムは長年にわたり継続的に開発されてきたため、セキュリティが最初から考慮されているとは限りません。製造設備には古いOSやソフトウェアが使われている場合があり、バックドアや脆弱性が存在する可能性があります。製造現場ではネットワークに接続された監視カメラやセンサー、IoTデバイスが増えており、これらが侵入口となるおそれがあります。

デジタルセキュリティの強化

リスク管理はデジタルセキュリティを強化する最初のステップです。どのような情報や機器が重要なのかを把握し、潜在的な脅威がある部分を特定する必要があります。続いて、関連する法規や基準に適合するセキュリティポリシーと管理体制を整備します。例えば、組織のセキュリティ責任者を定めたり、アクセス制御と監視を強化したりします。

回避策として、古いOSやソフトウェアを最新版にアップグレードしたり、IoTデバイスに機密データへのアクセス権を設定し直したりすることで、脆弱性を减らすことができます。また、正規のアップデートプログラム以外のソフトのインストールは許可しない、不必要なポートやサービスは無効にする、などセキュリティのベストプラクティスを徹底します。

人為的ミスを防ぐための教育と訓練も重要です。例えば、社内から外部に機密情報を流出させないよう注意を喚起するセキュリティ教育を従業員に受けてもらいます。一方で、システム管理者は最新のセキュリティ知識を継続的に習得しなければなりません。製造業におけるデジタルセキュリティを強化するためには、技術的対策とともに組織文化の醸成も不可欠です。

製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)は今後も加速する一方です。セキュリティ対策こそが、DXの恩恵を最大限享受するうえで不可欠な条件だと言えるでしょう。生産性向上とコスト削減を実現する一方で、リスク管理と回避策を適切に講じることで、製造業のセキュリティレベルアップが図れるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)