製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

台湾の半導体技術革命、小さな島の大きな影響

台湾の半導体技術革命、小さな島の大きな影響

台湾の半導体産業

2024年現在、台湾は世界でも最も重要な半導体生産拠点の一つとして知られています。台湾の半導体産業は、グローバルな市場において重要な役割を果たし、世界中の電子機器や情報通信技術の進歩に大きく貢献しています。

台湾半導体産業の進化

台湾の半導体技術は、1960年代に始まりました。当初はアメリカ企業の技術を使用していましたが、次第に台湾は独自の半導体技術を開発し、製造能力を向上させていきました。

1980年代 産業の萌芽

1987年、台湾で最初の半導体製造企業である台湾積体電路製造株式会社(TSMC)が設立されました。これは、政府主導の産業政策として、ハイテク産業の育成を目指した結果でした。

1990年代 成長と発展

TSMCはファウンドリ(受託製造)モデルを採用し、この新しいビジネスモデルは世界的に成功し、多くの企業がこれに続きました。台湾はDRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリ)などのメモリ製品の重要な供給元としての地位を確立しました。

2000年代 グローバルリーダーへの躍進

TSMCをはじめとする台湾のファウンドリ企業は、技術革新と製造能力の拡大により、世界市場でのシェアを急速に拡大しました。台湾の半導体企業は、製品の設計から製造、テスト、パッケージングに至るまでの一貫したサービスを提供することで、グローバルな顧客基盤を確立しました。

2010年代~現在:イノベーションと持続的な成長

台湾の半導体産業は、先進的なプロセス技術(7nm、5nm、3nmプロセスなど)の開発においてリーダー的役割を担っています。TSMCなどの企業は、AI、5G、IoT(モノのインターネット)などの新興技術に必要な先端半導体の供給で中心的な役割を果たしています。

特に、台湾の半導体企業であるTSMC(台湾積体電路製造)は、最先端の製造プロセスを開発し、世界の半導体市場でトップの地位を確立しました。

台湾半導体産業が与える影響

台湾の半導体技術革命は、小さな島国である台湾にとって大きな影響をもたらしました。まず第一に、半導体産業は台湾の経済成長の主要なエンジンとなっています。半導体関連企業は数多くの雇用機会を提供し、台湾の経済を牽引しています。

また、台湾の半導体技術は、情報通信技術の発展に大いに貢献しています。台湾の半導体企業は、スマートフォン、コンピュータ、ネットワーク機器など、さまざまな電子機器の製造に関与しており、これらの製品の高性能化や小型化を実現しています。

さらに、台湾の半導体技術は世界的なサプライチェーンにおいても重要な位置を占めています。多くの国や企業が台湾の半導体企業から部品を調達し、自社製品の生産に利用しています。そのため、台湾の半導体技術の停滞や問題は、世界的な供給チェーンに深刻な影響を及ぼす可能性があります。

台湾の半導体技術革命は、小さな島である台湾が世界の半導体産業において重要な役割を果たすようになった要因の一つです。台湾の半導体技術の成長と発展は、台湾経済の発展や世界中の電子機器の進化に欠かせない存在となっています。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

VR工場視察

18,000km離れた世界の工場視察を最短5分で可能にしました。
世界の工場視察、海外出張がオンラインにかわる時代です。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)