製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

スマートファクトリーへの道 製造業のDXが切り開く新時代

スマートファクトリーへの道 製造業のDXが切り開く新時代

製造業にとって、この10年間が大きな転換期となりそうだ。

デジタル化が進む中、製造業も生産方法自体が変化を迫られている。

その最前線と言えるのが「スマートファクトリー」だ。

スマートファクトリーとは

スマートファクトリーとは、IoT(インターネット・オブ・シングス)、AI(人工知能)、ロボットなどの最新テクノロジーを生産ラインに取り入れ、自動化・効率化を高めることで生産性と品質を向上させる新たな生産方式のことを指す。

センサーやIoTデバイスにより生産現場の情報を収集・解析し、AIによる予測・制御を行うことで工程間の連携を強化し、人間の運用ミスを最小限に抑えられるのが特徴だ。

スマートファクトリーで解決される様々な課題

スマートファクトリーで生産ラインの効率化とコストダウン

スマートファクトリーへの取り組みは、製造業にとってDX(デジタルトランスフォーメーション)の最前線だと言える。

IoTなどの最新技術を生産ラインに導入することで、効率化とコストダウンは避けようもない課題だったが、スマートファクトリーによってその壁は乗り越えられる。

生産計画から在庫管理、品質管理と全プロセスを可視化・自動化することで、生産性の向上と製品の高品質化を同時に達成できる。

スマートファクトリーで開発や工程の最適化

またスマートファクトリーで集められる大量の生産データをAIなどを活用して分析することで、新製品の開発や生産工程の最適化に役立てられる。

従来型の生産方法では見逃されがちな課題をデータに基づいて解明でき、製品や加工方法の革新につながる。

スマートファクトリーで組織の柔軟化

さらに新技術の活用により需要動向の変化にも柔軟に対応できる生産システムが構築できるだろう。

スマートファクトリーは生産現場に大きな変革を促す一方、DXの推進によって効率化やコストダウンを図るだけでなく、品質向上と新商品開発の原動力ともなる。

製造業各社はスマートファクトリープロジェクトの成果に期待が集まるマイルストーンと位置づけられている。

テクノロジーの進化は生産方法そのものを塗り替え、新時代の製造業を切り開いていくはずだ。この変革を汲んでいくことが、今後の成長につながるだろう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)