製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

営業現場の知見を活かす製造業のマーケティング戦略立案のヒント

営業現場の知見を活かす製造業のマーケティング戦略立案のヒント

製造業の現場に長年携わってきた皆さんであれば、製品の開発や生産に関する知見に精通していることでしょう。
しかし、近年の製造業では、生産だけでなく、マーケティング戦略も重要な要素となっています。
特に、営業現場で得た知見を活かしてマーケティング戦略を立案することが求められるケースが増えています。
本記事では、製造業のマーケティング戦略において、営業現場の知見をどのように活用するかについて解説します。

営業現場の知見とは

営業現場の知見とは、営業担当者が日常の営業活動を通じて得る顧客ニーズや市場動向などの情報のことを指します。
これらの知見は、製品開発やサービス提供において非常に重要な役割を果たします。以下のような情報が含まれます。

顧客ニーズの把握

営業担当者は、顧客との直接的な対話を通じて、顧客が求める製品やサービスの要件を把握できます。これは市場調査よりもリアルタイムかつ具体的なニーズを反映しています。

競合他社の動向

営業活動を通じて、競合他社の製品やサービスの強み・弱み、価格戦略などの情報も入手できます。これにより、自社の戦略に対して有効な対策を講じることが可能です。

市場のトレンド

市場のトレンドや変化に関する情報も営業担当者から得られることが多いです。顧客の新たな要求や新技術の普及など、現場からの情報は貴重です。

営業現場の知見を活かすマーケティング戦略の立案

営業現場から得られる多岐にわたる情報を活用して、マーケティング戦略を立案する方法を具体的に見ていきましょう。

ペルソナ設定の精度向上

マーケティング戦略の初めのステップはターゲット顧客のペルソナ設定です。営業担当者から得た具体的な顧客の行動パターンやニーズを基に、ペルソナの設定を行います。例えば、購入決定までのプロセスや利用する製品の特徴など、細かい情報を元にリアルなペルソナを描きます。

製品開発におけるフィードバックループの構築

営業現場で得られた情報を即座に製品開発チームにフィードバックする体制を作ります。これにより、顧客の声を反映した製品開発が可能になり、市場に適した製品を提供することができます。このフィードバックループは、営業担当者からのフィードバックを定期的に収集し、データベース化することで実現できます。

コンテンツマーケティングの強化

営業現場で得られる顧客の課題やニーズに基づいて、コンテンツマーケティングのテーマを設定します。例えば、顧客がよく抱える問題に対する解決策を提案するブログ記事や、製品の活用方法を紹介する動画など、具体的なニーズに応じたコンテンツを提供することで、見込み顧客を惹きつけることができます。

データドリブンマーケティングの実施

営業現場からの報告やCRMシステムに蓄積されたデータを分析し、マーケティング戦略の効果を検証します。解析結果を基に、戦略の修正や新たな施策の導入を行い、PDCAサイクルを回します。データを駆使することで、より効率的かつ効果的なマーケティング活動が可能となります。

最新技術を取り入れたマーケティング戦略

製造業におけるマーケティング戦略は、技術の進化に伴って変化しています。以下に最新技術を活用した戦略を紹介します。

AIとビッグデータの活用

営業現場で収集されたデータをAIとビッグデータ技術を使って分析し、より深い洞察を得ることができます。AIは、パターン認識や予測分析を通じて、ターゲット顧客の行動や市場トレンドを予測することが可能です。これにより、マーケティング戦略を精緻化し、効果的なキャンペーンを実施できます。

IoTデバイスからのデータ収集

製造現場でのIoTデバイスの導入は、プロセスの最適化だけでなく、顧客への価値提供にもつながります。製品に組み込まれたIoTセンサーからのデータを収集し、顧客の使用状況を分析することで、製品改良や新製品開発のための貴重なインサイトを得ることができます。

バーチャルリアリティ(VR)と拡張現実(AR)の活用

VRとAR技術を使って、製品のデモンストレーションやトレーニングを実施することで、顧客に実際の使用感を提供できます。これにより、顧客は製品の利便性や性能をより具体的に理解しやすくなり、購入意欲を高めることができます。

マーケティング戦略の成功事例

実際に営業現場の知見を活かして成功を収めた事例を見ていきましょう。

精密機器メーカーA社の事例

精密機器メーカーのA社では、営業担当者が顧客との対話を通じて収集したニーズやフィードバックを元に、新製品開発やサービス改善を行いました。特に、製品の操作性に関する要望を反映した結果、顧客満足度が大幅に向上し、売上も増加しました。

重機メーカーB社の事例

重機メーカーのB社では、営業活動で得た競合他社の情報を精査し、自社の製品に不足している機能を特定しました。これを元に、迅速に新機能を開発・追加した結果、市場シェアを拡大し、競争力を高めることに成功しました。

 

製造業において、営業現場の知見を活用したマーケティング戦略は非常に有効です。顧客のリアルなニーズや市場動向を反映することで、製品開発やサービス改善に役立ち、競争優位性を確保することが可能です。また、最新技術を取り入れることで、さらに効果的なマーケティング活動を実現できます。製造業の皆さんも、ぜひ現場の知見を活かして、戦略的なマーケティング活動を行いましょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)