投稿日:2024年7月11日

生産管理システムとは?導入のメリット・デメリットや選び方を解説

はじめに

製造業において、効率的な生産を実現するためには、生産管理システムの導入が不可欠です。
生産管理システムは、生産プロセスの最適化、コスト削減、品質向上を実現するために用いられる重要なツールです。
本記事では、生産管理システムの基本概念、導入のメリットとデメリット、さらに選び方のポイントについて詳しく解説します。

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製造現場の生産活動を効率的に管理・運営するための情報システムです。
具体的には、生産計画の立案、原材料や部品の在庫管理、生産進捗の追跡、製造工程の品質管理などが含まれます。
これにより、生産ライン全体の見える化が進み、生産効率の向上やコスト削減を実現します。

生産管理システムの機能

生産管理システムは多岐にわたる機能を備えており、以下のような主要な機能があります。

生産計画の立案

需要予測を基にした生産計画の立案をサポートします。
これにより、過剰生産や過少生産を未然に防ぎ、効率的な生産を実現します。

在庫管理

原材料や部品、製品の在庫状況をリアルタイムで把握できます。
これにより、必要な材料が不足するリスクを低減します。

生産進捗の管理

各製造工程の進捗状況をリアルタイムで追跡し、適切な指示を出すことができます。
これにより、製造工程のボトルネックや遅延を迅速に解消します。

品質管理

各工程での品質管理データを統合し、問題が発生した場合の迅速な対策を可能にします。
品質不良の原因解析や改善点の特定が容易になります。

生産管理システム導入のメリット

生産管理システムを導入することで得られる主要なメリットを以下に挙げます。

生産効率の向上

生産管理システムにより、生産プロセス全体を可視化し、効率的な運営が可能になります。
これにより、無駄な時間や工程を削減し、生産性を向上させることができます。

コスト削減

在庫の適正化、生産計画の最適化により、無駄なコストを削減することができます。
特に、材料費や人件費の削減が期待できます。

品質の向上

各工程での品質管理を強化することで、製品の品質を一定以上に保つことができます。
これにより、クレームや返品の減少が見込まれます。

リアルタイムデータの活用

生産管理システムの導入によって、リアルタイムでのデータ共有が可能になります。
これにより、迅速な意思決定が可能となり、競争力を高めることができます。

生産管理システム導入のデメリット

一方で、生産管理システムの導入にはデメリットも存在します。

初期導入コストの高さ

システムの導入には大きな初期投資が必要となります。
特に、中小企業にとってはこのコストが大きな障壁となることがあります。

運用・保守費用

システムの運用や保守にも継続的な費用が発生します。
このため、導入後のコスト管理も重要な課題となります。

導入による業務の改革

システムを効果的に利用するためには、既存の業務プロセスを見直す必要があります。
これは従業員にとって大きな負担となることがあります。

生産管理システムの選び方

次に、生産管理システムを選ぶ際のポイントについて解説します。

自社のニーズに合ったシステムを選ぶ

企業の規模や業種によって、必要な機能は異なります。
自社の生産プロセスにおいてどのような課題が存在するのかを明確にし、それに適したシステムを選ぶことが重要です。

システムのカスタマイズ性

導入後に業務プロセスが変化した場合に柔軟に対応できるかどうか、システムのカスタマイズ性も重要なポイントです。
カスタマイズ性が高いシステムを選ぶことで、長期的な利用がしやすくなります。

操作性と使いやすさ

システムの操作性や使いやすさも大きな要素です。
現場のスタッフが日常的に使用するため、直感的に操作できるシステムを選ぶことが重要です。

トレーニングとサポート

システム導入時に提供されるトレーニングの質や、導入後のサポート体制もチェックポイントです。
充実したサポート体制があることで、運用中のトラブルにも迅速に対応できるようになります。

コストパフォーマンス

導入費用だけでなく、運用コストも含めたトータルコストを評価し、コストパフォーマンスの高いシステムを選ぶことが重要です。

まとめ

生産管理システムは製造業における生産効率の向上、コスト削減、品質向上を実現するための強力なツールです。
ただし、導入には大きなコストがかかり、業務プロセスの改革が必要となることから、慎重な選定が求められます。
自社のニーズに合ったシステムを選び、適切に運用することで、競争力の向上を図ることができます。
生産管理システムの導入を検討している企業の皆様にとって、本記事が参考になれば幸いです。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)