投稿日:2024年6月11日

【製造業DX成功事例!】地域連携とIoT技術で実現する金型共同受注サービスの成功事例

「製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)は、業界全体の大きな課題となっています。

DXを成功に導くためには、現場の知恵と最新のテクノロジーを融合させ、全社一丸となって取り組むことが不可欠です。

今回は田中さんが社内で取り組んだ成功事例と山田さんが深い洞察から的確なアドバイスを行っています!

田中太郎:山田さん、お疲れ様です。うちの会社、最近「金型共同受注サービス」っていうのを始めたんやけど、これがめっちゃうまいこといってるんですわ。

山田美穂:田中さん、お疲れ様です。それは興味深いですね。金型共同受注サービスというのは具体的にどのようなものなんですか?

田中太郎これはIoT技術を使って、地域の金型メーカーと協力しよるんです。うちの設備稼働状況をクラウドでリアルタイムに見える化して、受注が入ったら稼働状況や設備能力に基づいて最適なメーカーを自動的に選定するんです。

山田美穂:なるほど、そうすることで受注マッチングが効率化されるわけですね。それに、生産スケジュールの最適化もできるとお聞きしましたが、どのようなメリットがあったんですか?

田中太郎:うん、そうやねん。まず、各工場の生産スケジュールを最適化することで、設備稼働率が向上し、コスト削減にもつながりましたね。納期も短縮できたから、ユーザーも大喜びですわ。

山田美穂:それは素晴らしいですね。地域全体の金型メーカーにとっても大きな貢献となりましたね。このような取り組みは他の業界でも有効だと思いますが、どのようにして他の企業とも連携を取っていったんですか?

田中太郎:うちはまず、地域で信頼関係のある企業に声をかけました。最初はみんな半信半疑やったけど、実際に稼働して効果を見せたら、次第に理解して協力してくれるようになりましたわ。

山田美穂:信頼関係の構築が鍵だったんですね。それにしても、高難易度プレス金型製造への挑戦は大きなステップでしたね。高度な設備と技術力が必要なこの市場に進出する決断はどのように下したんですか?

田中太郎:ほんまに悩みましたけどね。自動車産業の変革で汎用プレス金型の需要が減ってきたし、単価も下がる一方やったから、リスクを取るしかなかったんです。そこで、高難易度プレス金型に特化することにしたんですわ。

山田美穂:リスクを取った結果が成功につながったんですね。それに、地域の協力が大きな支えとなった。これは他の中小企業にも参考になる事例です。IoT技術が金型業界に新たな可能性をもたらしていますね。

田中太郎:そうですね。今後も、IoT技術を活用した新しいサービスやビジネスモデルを検討していきたいと思ってます。うちだけやなくて、地域全体の発展に貢献していけるようにがんばりますわ。

山田美穂:それは素晴らしいですね。私も他の企業でこのような取り組みが広がっていくのを見るのが楽しみです。田中さんのようなリーダーシップと創意工夫があれば、もっと多くの中小企業が成功するでしょう。

田中太郎:ありがとうございます。山田さんのアドバイスも参考にしながら、これからも頑張っていきますわ。また色々教えてくださいね。

山田美穂:もちろんです。田中さんの成功事例は私たちにとっても非常に有益です。またお互いに情報交換して、お互いの成長に繋げていきましょう。

 

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(Β版非公開)