製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

ブロー成形のキャビティ内圧管理技術:品質安定化の鍵

ブロー成形のキャビティ内圧管理技術:品質安定化の鍵

ブロー成形とは

ブロー成形は、中空製品を製造するためのプラスチック成形技術の一つです。
パイプ状の樹脂を金型内に挿入し、高圧空気を吹き込むことで製品形状に膨らませます。
ペットボトルや自動車部品など、様々な製品に用いられる重要な製造技術です。

キャビティ内圧管理の重要性

ブロー成形において、製品の品質を安定させるためには、金型内部(キャビティ)の圧力を適切に管理することが非常に重要です。
キャビティ内圧が不均一だと、製品の肉厚にばらつきが生じ、強度不足や変形などの品質問題につながります。
また、圧力が高すぎると樹脂の劣化や金型の損傷を招き、低すぎると形状不良や寸法不良が発生します。
したがって、キャビティ内圧を最適な範囲内で一定に保つことが、高品質な製品を安定して製造するための鍵となるのです。

キャビティ内圧管理の手法

キャビティ内圧管理には、大きく分けて以下の3つの手法があります。

1. 金型設計による圧力制御
金型の形状や樹脂流路の設計を工夫することで、キャビティ内の圧力分布を均一化する方法です。
流動解析シミュレーションを活用し、最適な金型構造を追求することが重要です。

2. 成形機の制御による圧力管理
ブロー成形機の各種パラメータ(空気圧、樹脂温度、金型温度など)を適切に設定し、安定した成形条件を維持する手法です。
成形機のコントロールシステムを高度化し、品質データに基づいてフィードバック制御を行うことで、圧力変動を抑制できます。

3. 金型内センサーによるモニタリング
金型内に圧力センサーを組み込み、リアルタイムでキャビティ内圧をモニタリングする方法です。
圧力データを可視化し、異常値を即座に検知・対処することで、品質トラブルを未然に防ぐことができます。
IoTやAIの活用により、データ分析の自動化や異常予兆の検知も可能になってきています。

最新技術動向

近年、ブロー成形におけるキャビティ内圧管理技術は、さらなる高度化が進んでいます。
デジタルツインによる仮想成形シミュレーションや、機械学習を用いた成形条件の最適化などが注目を集めています。
また、金型内センサーの小型化・無線化が進み、より詳細で高精度なモニタリングが可能になっています。
こうした技術革新により、ブロー成形の品質と生産性は飛躍的に向上しつつあります。

 

ブロー成形におけるキャビティ内圧管理は、製品品質の安定化に不可欠な技術です。
金型設計、成形機制御、センサーモニタリングなどの手法を適切に組み合わせ、最新技術を積極的に取り入れることが重要です。
製造現場の知見とデジタル技術を融合させ、キャビティ内圧管理のレベルを高めていくことが、ブロー成形の発展につながるでしょう。
品質改善と生産性向上の鍵を握るこの分野に、今後も大いに注目していきたいと思います。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)