製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

複合材料と3Dプリンティング  次世代製品のための革新的製造法

複合材料と3Dプリンティング  次世代製品のための革新的製造法

近年、複合材料と3Dプリンティングを組み合わせた革新的な製造技術が注目を集めています。複合材料とは、異なる材料を組み合わせた複合材のことで、軽量で強靭な性質を持ちます。3Dプリンティングとは、3次元CADデータから3次元立体模型を直接出力する3D印刷装置のことです。

この両技術を組み合わせることで、従来の射出成形法や切削加工法では実現が困難な複雑な形状や軽量・高性能部品の製造が可能になります。例えば、航空宇宙産業では部品の軽量化が求められていますが、複合材を3Dプリントすることで従来不可能な複雑な骨組みを持つ部品が製造できるようになります。

3Dプリンティングを用いれば、CADデータから直接立体形状を出力できるため、従来必要だった治具や型作りが不要になります。複雑な内形状や中空構造も簡単に製造でき、設計の自由度が広がります。また、部品内部に繊維・金属等を配置する必要がある場合でも、3Dプリンターを使えば容易に実装できます。

材料としては、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)やガラス繊維強化プラスチック(GFRP)などの繊維強化複合材料の利用が一般的です。3Dプリンターは各層に材料を順次積み重ねて成形していきますが、繊維強化複合材料は複雑な形状の製造に適しています。

さらに、3Dプリントでは1個1個の部品を個別に製造できるため、部品の仕様や材質を容易に変更できるのがメリットです。需要の変化にも柔軟に対応でき、少量多種型生産に適しています。航空宇宙機器など高度な性能が求められる分野では、部品検査に手間のかかる翼型を1点1点変更して安全性能を向上させる「シェイプ記録」が可能になりそうです。

今後、複合材料と3Dプリンティング技術の発展は更なる進化が期待されます。組成や形状オプションの拡大で高性能複合材の開発が進み、製造コスト低減と生産性向上が図られるでしょう。新素材と革新的製造法の融合は、製品の高機能化と製品設計の自由度拡大を後押しし、次世代産業を牽引する技術になる可能性があります。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)