製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

生産性向上へのカギ リーン製造とデジタルの融合

生産性向上へのカギ リーン製造とデジタルの融合

はじめに

生産性の向上は、製造業にとって常に最重要課題の一つです。需要の変化や競争の激化など、外部環境の変化に対応しながら、コストを抑え、品質を維持し、スピーディーな生産体制を確立する必要があります。そこで注目されているのが、リーン製造とデジタル技術の融合です。

リーン製造の概要

リーン製造は、無駄を徹底的に排除し、付加価値の高い活動に集中することで生産性を向上させる手法です。具体的には、次の7つの無駄を特定し、排除することが重要とされています。

– 過剰生産
– 過剰在庫
– 待ち時間
– 不必要な動作
– 過剰な搬送
– 不良品
– 無駄な加工

リーン製造では、こうした無駄を徹底的に排除することで、スムーズな製造工程を実現し、需要に応じた適正在庫を維持し、不良品を最小限に抑え、結果として生産性が大幅に向上します。

デジタル技術との融合

リーン製造の考え方は、これまでも着実に製造現場に浸透してきました。しかし近年、IoTやAI、ビッグデータ解析などのデジタル技術の発達により、リーン製造の実現がより容易になってきています。

デジタル技術を活用することで、製造工程の各段階でリアルタイムにデータを収集・解析し、無駄の特定や最適化を自動的に行うことが可能になります。また、AIによる予知保全で設備トラブルを未然に防ぐことや、デジタルツインによる製造シミュレーションなども実現できます。

製造現場でのIoTの活用例

製造現場へのIoTの導入は、リーン製造の実現に大きく貢献します。例えば、加工機にセンサーを設置し、機械の稼働状況をリアルタイムに収集することができます。これにより、過剰な加工や不必要な待ち時間などの無駄を正確に特定し、是正策を講じることが可能になります。

また、作業者の動線にGPSデバイスを装着し、無駄な動作を可視化することもできます。さらに、ARスマートグラスなどのウェアラブルデバイスを活用すれば、リアルタイムに作業指示を提示したり、ボトルネックを検知したりすることもできます。

AIによる需要予測と最適生産計画

製造業においては、需要の変動に応じて、タイムリーに生産計画を立てることが極めて重要です。過剰在庫は無駄にもつながりますし、逆に需要に対応できなければ機会損失が発生します。

AIによるビッグデータ解析を活用することで、過去の販売実績や外部データを基に、将来の需要を高精度に予測することが可能になります。さらに、最適な生産計画を自動で立案し、無駄のない生産を実現できます。

デジタル化による品質向上

リーン製造の目的は、無駄を排除しつつ、高品質の製品を作り出すことです。デジタル技術の活用により、品質管理面でも大きな進歩が期待できます。

例えば、製造工程の各段階で製品の画像をAIが判別し、不具合を検知します。さらに、IoTで収集したビッグデータを分析することで、不具合の原因を特定し、予防策を講じることもできます。また、ARを使った作業者への指示や検査支援により、ヒューマンエラーを大幅に低減することもできるでしょう。

サプライチェーン全体の最適化

リーン製造の理念は、単に製造工程だけでなく、サプライチェーン全体にわたって適用が可能です。原材料の調達から製品の出荷に至るまで、無駄を排除することが重要です。

デジタル技術を活用することで、サプライチェーン全体の「見える化」と最適化を図ることができます。例えば、製品の需給状況に応じて、適切な在庫水準を自動で算出し、原材料の調達や製品の出荷を最適化できます。また、製品の流通過程での無駄な動きも可視化し、是正が可能になります。

リーン製造の深化に向けて

リーン製造とデジタル技術の融合により、製造業の生産性は飛躍的に向上することが期待できます。しかしながら、それは決して最終目標ではありません。PDCAサイクルを確実に回し、さらなる無駄の排除と最適化に向けた努力を続けていく必要があります。

また、単にツールを導入するだけでなく、リーン製造の理念を従業員一人ひとりが深く理解し、行動に移すことが何よりも重要です。経営層から現場作業者に至るまで、全員がリーン製造マインドを持ち、主体的に無駄の特定と改善に取り組む企業文化を構築することが求められます。

まとめ

リーン製造とデジタル技術の融合は、製造業の生産性向上に大きく貢献します。IoT、AI、ビッグデータなどを活用することで、生産工程から製品の流通に至るまで、無駄を徹底的に排除し、最適化を図ることができます。

しかし、ツールの導入だけでなく、従業員一人ひとりがリーン製造の考え方を理解し、PDCAサイクルを確実に回すことが重要です。変化し続ける市場環境に対応し、持続的な競争力を確保するためには、リーン製造の深化に向けた挑戦を続けていく必要があります。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)