製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

スキルギャップに立ち向かう 製造業のためのデジタルトレーニングプログラム

スキルギャップに立ち向かう 製造業のためのデジタルトレーニングプログラム

デジタル化と従業員のスキルギャップ

日々進化し続ける社会において、製造業は大きな変化に直面しています。

AIやIoTなど、新しい技術が導入される一方で、スキルギャップが深刻な問題となっています。

多くの企業では、従業員の能力開発と教育訓練が重要な課題となっています。

デジタル技術の進化は激しく、製造業では新しいスキルが必要とされる領域が続出しています。

AIを活用した品質管理、IoTによるリモートモニタリング、3Dプリンターを活用した小規模生産など、これからも新技術の導入が加速していくと予想されます。

一方で、エンジニアや職人など従来型のスキルも引き続き重要であり、バランスの取れたスキル習得が求められています。

スキルギャップを埋めるためのプログラム

このスキルギャップに対処するため、多くの企業が従業員のデジタルスキル開発を図るための教育訓練プログラムを実施しています。

例えば、在職者向けのWebやアプリの基礎知識、データ分析、3D設計などのeラーニングコンテンツを用意したり、外部の教育機関と連携してプログラミングやIoTの基礎講座を開催したりしています。

また部門横断的なスキルシェアリングのセミナーや、新技術を活用した社内研修も盛んに実施されています。

この種の教育訓練プログラムには以下のメリットがあります。

まず1つは、従業員一人ひとりのスキルアップが図れ、生産性向上につながります。

また、新技術の導入にあたって必要な人材が会社内から輩出されるため、外部依存が減ります。

さらには、キャリアアップへの機会や社内順応が高まり、従業員満足度と企業魅力が向上します。

特にeラーニングなどの形では、時間と場所を選ばず学習できるメリットが大きいでしょう。

製造業にとって人材は最も重要な資産の1つです。

デジタル化が加速する中、会社と個人が共に成長できる習得環境を整備することは急務といえます。

教育訓練プログラムを着実に推進し、組織及び人材のポテンシャルを最大限引き出していく必要があるでしょう。

スキルギャップは短期的な課題ではありますが、正しい人材開発策を講じれば、製造業の競争力強化と持続可能な成長が実現できると期待されます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)