製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

アフターサービスが購買に与える影響とは

アフターサービスが購買に与える影響とは

購買部門が必要とする情報 

今日はアフターサービス部門の話を中心にして参ります 

購買が必要なアフターサービス部門の情報って何かっていうと 

メインは顧客のクレームや故障事故不具合 

様々な今後どのように改良、改善するか 

故障修理を減らすか、品質を高めるか 

この改善に必要な情報を多く持っているのが 

このアフターサービス部門顧客からのクレームや不具合に関わる情報 

不満、もっとこうしてほしいという意見 

これをどれだけアフターサービス部門直接顧客から話を聞いて 

それを次回の製品に活かすか 

不良、故障を減らすかということになります 

  

サプライヤーにどれだけこの情報が伝わるか 

研究開発部門とか設計部門、生産部門にどれだけ正しく 

この情報は触って改善されるか 

それも速やかに行われるかということになります 

購買部門としてはサプライヤーに繋ぐということになるんですけれども 

サプライヤーからはその不具合、故障、不良に関わる情報と 

その対策のフィードバックをもらわなければなりません 

それも速やかにです 

人の命が関わる事故ですとか 

そういったものに関しては本当に緊急です 

すぐに関わる部門が責任の擦り合いをせずに 

みんな一致協力して責任分担、役割分担をしながら 

早急に改善、対策をするということが必要になってきます 

  

なのでこのアフターサービスが握る 

購買にとって必要な情報 

時には最大限の緊急性をもって対処する 

という必要が出てくる場合もあります 

様々な不具合、クレーム、故障に関わる情報は 

サプライヤーや顧客だけではなく 

営業部門やコールセンター、お客様相談室や第3機関 

もし事故があればその調査委員会ですとか政府 

様々な製品を試験をしている研究所 

テストを行っているテスト機関 

こういったところが握っていることもあります 

  

どれだけ購買部門単独ではなくて 

品質を改良する部門、品質を保証している部門 

事故対策を行っている場所 

さまざまなところと情報を共有しながら 

同時にどんどんどんどん話を進めていくかということになります 

今買っている原材料部品が本当にベストなのか 

何か問題があってそういうことが起きているのか  

さまざまな問題を早急に原因を究明して 

事故をなくす、不良をなくすというために 

この情報は非常に貴重です 

  

いかにこれらの情報を客観的な数値データとして捉えて 

なおかつ継続的に取り組むか 

その場しのぎではなくを長期的に、継続的に取り組む 

ということが大事です 

常にアフターサービス部門、顧客からの情報を握っている部門とは 

連携して最新の情報を入手するようにしてほしいと思います 

顧客からのクレームは 

なかなか客観的な数値データになりづらいんですけれども 

どれだけここから傾向値を見出して 

その数値データに置き換えて 

製品の品質改善ですとか故障、不具合、クレームを 

減らすか、なくすかということになっていきます 

  

こういったアフターサービス部門の情報 

場合によっては損害賠償ですとか保険  ですとか 

ホームを通じて争うということが出てくる場合もあります 

そういった時にどれだけ速やかに動けるか 

正しい判断が出来るかということになりますので 

常にそういう部門とも連携を取りながら 

このクレームや故障事故の情報は 

出来るだけ広い関わり合いのある部門と共有をするということが 

大事だと思います 

ぜひこういった情報活かして不良率を削減し 

故障、クレームを減らして顧客満足を高めて 

信頼性のある製品のものづくりに役立ててほしいと思います 

  

本日はアフターサービスの話をさせていただきました 

このように購買の必要とする情報はたくさんあります 

まだまだこの購買が必要とする情報については数回話が続きます 

これからも引き続きこのチャンネルで詳しい話を是非お聞き下さい 

今日は以上になります 

ぜひNEWJIチャンネルの登録 

コメント、高評価ボタンよろしくお願いいたします 

  

以上です 

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)