製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

内部監査の力で製造業の品質と生産効率を向上させる

内部監査の力で製造業の品質と生産効率を向上させる

内部監査とは

内部監査とは、組織内部で行われる、経営の透明性や効率性を確保し、リスクを管理するためのプロセスです。主な目的は、組織の業務プロセスや内部コントロールの適正性を評価し、改善のための提言を行うことです。内部監査は、外部の検査機関や規制当局から独立して行われるため、組織の管理職や株主に対して信頼性が高い情報を提供します。

内部監査の重要な役割の一つは、リスク管理です。組織内の潜在的なリスクを特定し、それらに対する適切な対策を策定することで、組織が将来の問題や損失を最小限に抑えることができます。また、内部監査は、法令や規制に準拠しているかどうかを確認し、法的なリスクを軽減するのにも役立ちます。

さらに、内部監査は業務プロセスの効率性や効果性を評価するためのツールとしても活用されます。組織内の業務フローを詳細に分析し、ムダや重複を排除することで、生産性を向上させることができます。また、内部監査の結果を組織内の関係者に共有することで、意思決定の質を向上させ、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。

総じて言えば、内部監査は組織の健全性と透明性を確保し、持続可能な成長を支援するために不可欠なプロセスです。組織が内部監査を適切に実施し、その結果に基づいて改善を行うことで、リスクを最小限に抑え、業績を向上させることができます。

製造業における内部監査の重要性

内部監査は製造業にとって重要な管理ツールだと思います。計画通りの生産ができているのか、品質基準を満たしているのかをチェックすることで、問題点を早期に発見し改善できるでしょう。

私が過去に担当した内部監査では、ある自動車部品メーカー工場で下記のような課題を見つけました。生産ラインの中程で品質チェックを行っているのですが、不良品が出た時の対処が適切ではありませんでした。不良品が出たらそれ以降も同じ部品を作り続け、最後まで検査する仕様でした。結果として不良品が溜まり品質が安定しませんでした。

監査から検討を求めることで、不良品発見後はその部分の生産ラインを一時停止し原因分析と対策を迅速に実施する工程が追加されました。これにより不良原因の特定と対策がすぐにでき、品質の stabil な生産が実現しました。またライン全体の停止を最小限にとどめ生産効率の低下を防ぐことができました。

別の事例では、車体部品メーカーの溶接工程で不均一な溶接質を発覚。監査により溶接機のメンテナンス管理と技能格付けが不十分であることがわかりました。整備計画の立案と訓練体系の見直しを要請し、溶接品質は向上しライン停止も減少しました。

以上の例から製造現場では、内部監査が品質管理と生産効率の向上に直接貢献できることが分かります。定期的な監査と改善のサイクルが回ることで、なお一層の品質の安定と生産性の向上が期待できそうです。製造業にとって内部監査の価値は高いと考えられます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)