製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

品質管理の革新 AIと機械学習が解決する製造業の品質課題

品質管理の革新 AIと機械学習が解決する製造業の品質課題

AIと機械学習で工場の品質管理をする

近年、製造業における品質管理の課題は深刻化しています。

製品のバリエーションが増加する一方で、開発・製造サイクルが短縮される中、品質保持が大変重要になっています。

そのような状況下で、AIと機械学習の技術が品質管理現場に取り入れられ始めているのが注目されています。

製品の検査データや生産ラインから得られるさまざまなセンサーデータを学習させるAIは、品質課題を予測・検出できるようになりつつあります。

例えば、製品や部品の寸法データや傾きデータから、近いうちに発生しそうな不具合を予測したり、過去の品質データから部品の平均寿命を計算し、交換タイミングを最適化したりすることが可能になっています。

AIと機械学習でどのように工場の品質管理をするか

AIを使うことで、人間の目には不規則に見えるような品質情報からも、小さなパターンを捉えることができるようになりました。

その結果、品質低下の原因特定が容易になったり、新製品の品質設計時にフィードバックを活かせたりするメリットが出てきています。

加えて、AIは生産ラインの監視にも活用されています。例えば部品の取り付け角度などをリアルタイムにモニタリングし、規格外のデータが採取された場合に警告を出すシステムが普及しつつあります。

人為的ミスや機械的な乱れを早期発見することで、品質不良率の低減が図れるのが利点の1つです。

一方で、AIの活用にはいくつかの課題もあるとされています。

例えば、正確な学習データの収集とラベル付け、AIモデルの解釈可能性、システムの信頼性と安全性など技術的課題が指摘されています。

加えて、AIの導入に伴う生産ラインの変更管理や作業者の習熟訓練も大きな課題となっています。

この点から、AIを単独ではなく既存の品質管理システムと組み合わせ、導入プロセスを丁寧に行うことが重要だと分析されています。

AIは製造業にとって革新的な技術ですが、適切な導入管理がなされる必要があるでしょう。

人とAIが協力し合う仕組みこそが、持続可能な品質向上を実現していく鍵となるでしょう。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)