製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

バナー画像

ムダな在庫抑制で資金効率化 適正在庫水準の見極め方

ムダな在庫抑制で資金効率化 適正在庫水準の見極め方

製造業における在庫管理は、企業の資金効率を左右する重要な要素です。
過剰在庫は資金の無駄遣いを招き、欠品は顧客満足度の低下につながります。
適正在庫を維持するためには、在庫の水準を見極める能力が求められます。
この記事では、ムダな在庫を抑制し、資金効率を向上させる具体的な方法について解説します。

適正在庫の重要性

適正在庫とは、必要最小限の在庫を保持することにより、顧客ニーズに応じた製品供給を確保する在庫水準のことを指します。この適正在庫を維持することは、資金効率や生産効率の向上に直接つながります。

在庫のコスト

在庫には、保管費や取り扱い費、人件費、さらには老朽化や廃棄が必要となった際のコストが含まれます。
過剰在庫を持つことでこれらのコストが増加し、資金繰りに悪影響を及ぼす可能性があります。

欠品のリスク

一方で、在庫が不足すると納期遅延が発生し、顧客満足度が低下します。
競争の激しい市場では、欠品による機会損失が企業にとって大きな打撃となる可能性が高いです。

適正在庫水準の見極め方

適正在庫水準を見極めるためには、様々なアプローチがあります。
以下にそのいくつかをご紹介します。

ABC分析

ABC分析は、在庫アイテムを重要度に基づいて分類する手法です。
重要なアイテム(Aランク)、中等重要なアイテム(Bランク)、ほとんど重要でないアイテム(Cランク)という3つのカテゴリに分類します。これにより、各カテゴリに応じた管理方法を採用できます。

経済的発注量(EOQ)

EOQは、発注コストと在庫保持コストを最小化するための最適な発注量を計算する手法です。
これにより、過剰在庫を削減しつつ、最適な在庫水準を維持することが可能です。

需要予測の精度向上

正確な需要予測は、適正在庫を維持するために不可欠です。
過去のデータや現在のトレンドを分析し、将来の需要を予測することで、在庫の過不足を防ぐことができます。

自動化技術の導入

在庫管理には、高度な自動化技術が貢献します。
例えば、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を利用したリアルタイムの在庫監視やデータ分析により、適正在庫を維持することができます。

最新の技術動向

製造業の在庫管理には、最新の技術が大きな影響を及ぼしています。
これらの技術を適切に活用することで、在庫管理の効率をさらに向上させることができます。

IoTによるリアルタイム監視

IoT技術は、在庫のリアルタイム監視に大きな役割を果たしています。
工場内の各所にセンサーを設置し、在庫の状態をリアルタイムで把握することで、即座に対応が可能となります。

AIと機械学習による需要予測

AIと機械学習の進化により、需要予測の精度が飛躍的に向上しています。
これにより、在庫の過不足を未然に防ぎ、適正在庫を維持することが容易になります。

ブロックチェーン技術によるトレーサビリティ

ブロックチェーン技術は、サプライチェーン全体のトレーサビリティを確保するのに役立ちます。
これにより、在庫管理の透明性が向上し、適切な在庫水準を維持するためのデータが簡単に取得できます。

 

適正在庫水準を見極めることは、製造業における資金効率を向上させるために非常に重要です。
ABC分析やEOQ、需要予測の精度向上、さらには最新の自動化技術の導入など、さまざまなアプローチを活用して、ムダな在庫を抑制しましょう。
これにより、製造業の発展に貢献し、企業の競争力を高めることができます。

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)