製造業の購買担当者がAIにかわることってあり得るの?

Read more

SCMサプライチェーン全体を読み取る購買マンになれる話

SCMサプライチェーン全体を読み取る購買マンになれる話

今日は購買部門が必要とする情報の中で 

サプライチェーン具体的なものの流れに関わる情報についてお話をします 

どういったものがこのサプライチェーンの中で 

購買にとって必要な情報になるかということなんですけれども 

まず物の流れ、メーカーの前に原料を作っているところから 

実際にその商品が顧客の手に渡るまでの間で 

どこにどんな業者、作業があるか 

どこにボトルネックがあるのか、不足しているのか 

過剰に溜まっているのかというようなことを知ると共に 

それがどのくらいのスピードで流れているかによって 

滞留の期間や、時間の無駄があるのかないのか 

長期在庫はあるのかないのか 

そういったものも見えてきます  

実際には交通、輸送手段、倉庫の大きさ 

その入出庫のかかる時間、そこにかかる経費 

こういったものバーコードリーダーの読み取りですとか 

今後それがさらに自動化されて 

短縮されるというものを見据えたうえで 

必要な情報というのはたくさんあります 

例えば倉庫についてもどんどん今自動倉庫になりつつありますし 

バーコードリーダーで読み取りが簡単になっていっていますが 

まだまだ人手の作業が多い世界です 

この入出庫作業ですとか、在庫管理ですとか 

ここにどれだけコストかかっているのか 

時間がかかっているのか 

例えば保証期限だとか保存の期限ですとか 

様々な時間が制限あるということを知っておきたいと思います 

  

そしてこの倉庫の場所 

それが単独の倉庫なのか 

様々なサプライヤーが共同利用しているのか 

それが工場の側なのか、流通や小売のそばなのか 

そういったロケーション 

こういったものも必要な情報になってきます 

実際には工場の中の原材料部品の構内物流についても 

必要な情報というのはあります 

実際にサプライヤーでも自社の工場でも 

どれだけ生産に時間がかかっているか 

単に 移し替える運ぶだけで価値を学びを生まない、利益を生まない 

作業がどれだけあるのか 

それがどのくらいの距離で 

どのくらいのコストがかかっていて 

どのくらいの時間を要しているのか 

これをどうやったら削減できるのか 

ということを考えていく必要があります 

 

購買部門に関わらない生産部門や 

その管理の部分だったりする 

在庫管理をしている倉庫管理をしている業者だったりする場合もありますが 

そういったところと情報の交換、共有を図ることによって 

どこに無駄がありまだまだ改善があるかということを 

これから検討していく必要があると思います、 

  

プロセスごとの状況原材料の入出庫から始まって 

構内移動、加工、組み立てに至るまで 

それぞれのプロセスでどれだけの人で動かしている 

時間がかかっている、距離が移動している、コストがかかっている 

というものが見えてきたら 

トータルで物流、サプライチェーンに関わる費用、時間、関わっている 

携わっている人、業者 

この情報を一括管理、トータルマネージメントをできることが 

理想になってきます 

ぜひこればかりをやっているわけにはいかないので 

この情報に関しては出来るだけ必要な部分だけではなくて 

その前後も含めてトータルでマネージメントをできるような管理を 

是非目指して欲しいと思います 

  

これが納期短縮ですとか、サプライチェーンにおける 

物流費の削減に繋がっていきます 

そして長期在庫や不良在庫、欠品をなくすにも 

この情報というのが必要になってきます 

今日はこのサプライチェーンにおける 

購買部門が必要とする情報についてのお話をしました 

ぜひ皆様の意見、質問、コメントお寄せください 

そして高評価ボタンの方と 

それからNEWJIチャンネルへの登録 

これも是非よろしくお願いいたします 

本日は以上になります 

資料ダウンロード

QCD調達購買管理クラウド「newji」は、調達購買部門で必要なQCD管理全てを備えた、現場特化型兼クラウド型の今世紀最高の購買管理システムとなります。

ユーザー登録

調達購買業務の効率化だけでなく、システムを導入することで、コスト削減や製品・資材のステータス可視化のほか、属人化していた購買情報の共有化による内部不正防止や統制にも役立ちます。

NEWJI DX

製造業に特化したデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指す請負開発型のコンサルティングサービスです。AI、iPaaS、および先端の技術を駆使して、製造プロセスの効率化、業務効率化、チームワーク強化、コスト削減、品質向上を実現します。このサービスは、製造業の課題を深く理解し、それに対する最適なデジタルソリューションを提供することで、企業が持続的な成長とイノベーションを達成できるようサポートします。

オンライン講座

製造業、主に購買・調達部門にお勤めの方々に向けた情報を配信しております。
新任の方やベテランの方、管理職を対象とした幅広いコンテンツをご用意しております。

お問い合わせ

コストダウンが利益に直結する術だと理解していても、なかなか前に進めることができない状況。そんな時は、newjiのコストダウン自動化機能で大きく利益貢献しよう!
(β版非公開)